ここで紹介している折り方の無料レポート(PDF)はこちら


2010年01月07日

折り紙を選ぶ

折り紙には、いくつも種類があります。
色、模様、紙質、サイズ、などの組合せで、何種類にもなります。
どんなものを選んだらよいかわからないという方へ、私の選び方をお教えしましょう。


◆サイズ
小さいお子さんが折るのでしたら、できるだけ大きいものをオススメします。
15cm四方以上のものが良いと思いますよ。
また、箱など大きなものを作りたい場合も、このくらいのサイズはほしいですね。
因みに、ここで紹介している箱は、15cm四方の折り紙を使用しました。



千羽鶴やここで紹介した箱に入れるボートを折るのでしたら、7.5cm四方のものが良いでしょう。
他にも10cm四方、11.8cm四方、17.6cm四方などのサイズがあります。


◆色・模様
小さいお子さんの場合、原色の単色というのがベースです。
模様やグラデーションが入ったものや千代紙は、小学校高学年くらいで十分です。
やはり少しお高目になりますからね。
私は、箱のふたの方に千代紙をよく使います。置いたときに自然と馴染む感じがするからです。



裏地に色がついたものもあって、今回の箱のふたを作るのにはぴったりでした。




◆紙質
一般的な紙のものは、お子さんでも折り易いものになっています。
ちょっと難しくなりますけど変わった感じを出すには、セロファンのものとか、和紙の折り紙もありますね。


ラベル:折り紙 千代紙
posted by オリヅル at 16:34| Comment(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


[PR] 全員当たる!超太っ腹プレゼント!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。