ここで紹介している折り方の無料レポート(PDF)はこちら


2008年09月29日

ボートの折り方〜その5

 さあ、いよいよ完成のときがやってまいりました。みごとさなぎからボートに大変身した折り紙を見て、満足されているのではありませんか?ここからは、形を整えるだけの作業です。

カウルになる部分が船首と船尾にある 船底にきれいに丸みをつけたら、ひっくり返してみましょう。写真(左)のようになっていますね。このままでもボートとして十分なのですが、それでは物足りません。この折り紙のボートには、カウル(風防)がついているのです。これがカッコイイのです。

 写真(左)を見ておわかりのように、船首と船尾のところに、ボートの外側と同じ色の部分がありますよね。これを持ち上げることで、カウルをつけることができるのです。爪の先か楊枝などをつかって、慎重に持ち上げましょう。

カウルの形を整えて完成 きれいに持ち上がったら、内側に指先を入れて、形を整えます。丸みをつけて、写真(右)のようになったボートの完成です。どうです?カッコイイでしょう。男の子も、これが作れるようになると、折り紙にはまるのです。

 カウルは、前後につけてもいいですし、前だけつけてもかまいません。前だけにした方がスピード感があるモーターボートのような感じになります。

折り箱とボートの贈り物 できあがったボートは、ちょうど折り箱に対角線上に納められるサイズになっています。このままでも贈り物として使えますし、飴玉とかキャンディーなどを1つ2つ入れてもいいですよね。ボートがちょうど入れ物代わりにもなります。

 もっと大きな折り紙でボートを折れば、それだけでも入れ物として使えます。キャンディーなどのお菓子を山盛りにして、宝船なんてのはいかがでしょうか。いろいろと使えそうですよ。お試しください。
ラベル:ボート おりがみ
posted by オリヅル at 02:00| Comment(2) | ボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!こんにちは。
ボートの作り方判りやすかったです☆
ありがとうござりました!
Posted by まかりこ at 2009年03月13日 21:50
まかりこさん、コメントありがとうございます。
なかなか伝えにくかったのですが、わかりやすかったと言っていただけると、私も書いて良かったなって思いますよ。
Posted by オリヅル at 2009年03月14日 15:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


[PR] 全員当たる!超太っ腹プレゼント!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。